老人性イボ取り方 取れそう

自宅ケアでポロリ!老人性イボの痛くない取り方!

自宅ケアでポロリ!老人性イボの痛くない取り方!

 

 

 

顔や首を中心にできてしまう老人性イボ。

 

独特の小さなポツポツに悩む人、実はけっこう多いのです。

 

しかも、20代や30代にも「取り方を知りたい!」

 

と願う人が少なくありません。

 

 

首は思った以上に人目につく場所ですし、
薄着の季節になるといっそう気になりますね。

 

 

中には取れそうな突起もあって、
つい触ったり引っ張ってしまったり…。

 

 

でも、こうした刺激を加えると老人性イボはさらに悪化しかねません。

 

 

イボの中には希に悪性のものがあるため非常に危険な行為なのです。

 

お肌に跡が残ったりして美容面も著しく損ないます。

 

やはりきちんとした老人性イボの取り方を知っておきたいものですね。

 

 

 

 

老人性イボを取るための3大方法。果たして簡単で安心なのは?

 

 

老人性イボの取り方としては

 

@病院で切除 

 

A自宅で市販の塗り薬を使う 

 

Bスキンケア感覚の専用ジェルやクリームを使う 

 

 

といった方法があり、
それぞれメリットとデメリットがあります。

 

まず@の病院での取り方ですが

 

「レーザーで焼く」

 

「メスやハサミで切除する」

 

「内服薬を服用する」

 

「液体窒素による治療」

 

 

などがあります。

 

専門医にかかるのは安心ですが、切除は痛みを伴うばかりか、
色素沈着が起きたりシミが残ってしまうケースも見られるようです。

 

また、レーザー治療は保険が適用されないため高額になります。

 

内服薬の場合は内側から治すので時間がかかり、
どちらかといえば予防目的のほうが適しているかもしれません。

 

 

Aの市販薬については、
市販されているとはいえ「薬品」ですから使用する上では
十分な注意が必要なうえ、効果についても個人差があるのは否めません。

 

 

 

Bの専用ジェルやクリームには
市販品やネット通販などで手に入るものがあり、お値段もいろいろです。

 

 

最大のメリットは少し時間がかかっても
スキンケア感覚でお手入れするうちに、ある日ポロリ!と取れてしまう点です。

 

 

昔からイボ治療に使われてきたハトムギエキスなどの
天然成分を使用した商品なら安心度も高くなります。

 

中には取れそうで取れなかったポツポツが驚くほどきれいになったというケースも。

 

 

もちろん個人差がありますし、
お肌に合わない場合もあるので、
商品の説明や評判などをよく調べた上で選びたいものですね。

 

 

また、専用ジェルやクリームの中には角質ケアに適した成分や、
お肌のキメを整えてハリ・ツヤをもたらす美容成分を一緒に配合したものもあり、
単に老人性イボを取り除くだけでなく予防にも役立ちます。

 

 

良質のものを長く使ってきれいなお肌を保ちたいものですね。

 

 

⇒ハトムギエキス配合のコスメなら!


ホーム RSS購読 サイトマップ